フィンペシアの副作用を事前に把握する|安心して服用する方法

笑顔の男性

AGA治療にジェネリック

男の人

AGAのジェネリック薬

AGAとは男性型脱毛症のことで、有効な薬が開発されたことからAGAとして治療することが可能になっています。脱毛症は髪の毛が抜けてしまうことで、最終的にはすべて抜けてしまうものです。男女問わず年齢を重ねると髪の毛が生えてこなくなりますが、特に男性はその傾向が顕著でハゲてしまう人も多くいます。これらは老齢性の脱毛症とされます。一方でAGAでは、この老齢性の脱毛症にはなるにはまだ若い人が対象になります。この脱毛症の原因は男性ホルモンが作用していることがわかっており、AGA治療では有効成分フィナステリドを使ったプロペシアが使われます。またプロペシア以外にもジェネリック薬であるフィンペシアもAGA治療に使われています。

ジェネリックの魅力

フィンペシアの魅力は価格の低さであり、多くの人が利用しています。副作用に関してはプロペシアと同じ成分であるためプロペシアと同じ副作用が出るとされます。副作用としては、男性ホルモンに作用するため勃起不全になる可能性があります。また、性欲の減退など、男性としての機能低下がみられた際には一度使用を中断し、様子を見ましょう。副作用は一時的なものなので、すみやかに対応すれば問題ありません。また、説明書などにも記載されていますが、フィンペシアは男性しか使用ができない医薬品です。女性が使用した場合、妊娠時に胎児の男性器形成が上手くいかなくなるおそれがあるため、女性は使用を控えましょう。国の定めたガイドラインによると、使用のみならず薬に触れること自体が禁止されています。伴侶のいる男性が使用する場合は、女性に薬について詳しく説明し、なるべく遠い場所に保管しておくことが重要といえるでしょう。危険性を理解した上でフィンペシアを使用すれば、副作用に悩まされること無く薄毛の効果を実感できます。